医学部受験に向けての学習日程

受験期は、毎日の勉強が大事なのはもちろんのこと、息抜きも重要です

私立大学の医学部を受験して合格しました / 受験期は、毎日の勉強が大事なのはもちろんのこと、息抜きも重要です / 明るい未来の自分をイメージして頑張って欲しい

しかし、油断していると本番で失敗すると思い、問題集の基礎問題を毎日の習慣として解くことにしました。
私にとって英語の音読と数学の基礎問題は受験勉強のルーティンになっていて、この二つをやらないと1日が始まらない、と言っても過言ではないくらい日常生活に密着していたのです。
とりわけ数学は一つの計算ミスで得点を大幅に取りこぼしてしまうリスクが常に付きまとっているので、慎重に計算しても十分に時間を余らせられるよう、基本的な問題の解法がすぐに浮かぶ状態を作りました。
この訓練のおかげで、入試本番の数学でも余裕を持って問題を解くことができました。
受験期は、毎日の勉強が大事なのはもちろんのこと、息抜きも重要です。
空いた時間に読書をしたり、休日には友人と遊びに行ったりしてリフレッシュしていました。
また、夏休みには志望大学のオープンキャンパスを訪れて自分のモチベーション向上に努めました。
合格を左右するのは日々の学習量だけではありません。
モチベーションの高さや緊張度合いも点数の高さにつながってきます。
普段から張り詰めて勉強するだけでなく、適度な息抜きをはさみながら良い精神状態で過ごせたことも合格につながった要因でした。
綿密に計画を立てていたこともあって、本番が近づいても無駄に焦ることなく落ち着いて試験に臨むことができました。
本番が近づいたときにプレッシャーを感じないようにする意味でも、入試までの日程を考えて逆算することは大事です。
センター試験の前日と二次試験の前日は、どちらもあまり勉強はせずリラックスして1日を過ごしました。
直前だからと言って一夜漬けをしたり、無理をして暗記を詰め込んだりするのは禁物です。

えらいに決まってるだろ
医学部受験してから物言え #peing #質問箱 https://t.co/8qn4qwgZAv

— 大森わかんない (@icebear_GE2) 2019年9月24日

医学部 受験医学部進学予備校メビオ